「カードローンでお金を借りる」と一口に言っても、大きく分けて二つの選択肢があるのをご存知ですか?

一つ目は専業系である消費者金融が展開しているカードローン、そしてもう一つは銀行のカードローンです。

消費者金融も銀行も、基本的に「カードを使い、限度額の範囲内ならば何度でも借入が繰り返せる」という点では共通していますが、金利や融資スピードなどの面では大きく異なってきます。

消費者金融と銀行カードローンの主な違いは、

・金利
・貸付限度額(融資枠)
・融資スピード

この3つであると言えます。

では、順番に見ていきましょう。

金利のちがい

まず、一番気になる金利ですが、これは平均して銀行カードローンの方が低い傾向にあります。

大手消費者金融と銀行の金利を一覧で表にしてみました。

業者名 金利
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 年3.5~14.0%
オリックス銀行カードローン 年1.7~17.8%
楽天銀行スーパーローン 年1.9~14.5%
プロミス 年4.5~17.8%
アコム 年3.0~18.0%
モビット 年3.0~18.0%
アイフル 年4.5~18.0%

銀行カードローンの平均的な上限金利は年14.0~15.0%、対して消費者金融では年18.0%に設定されていることが多くなっているのがわかります。

金利面では、銀行の方が優れているといえますね。

ただし、銀行の中でもオリックス銀行カードローンのように、消費者金融と変わらない上限金利を設けているところもあるため注意です!

貸付限度額のちがい

貸付限度額(融資枠)、つまり業者が貸せる最高金額においても、銀行と消費者金融の間には差があります。

金利を比較したのと同じ業者を例に、こちらも表でまとめてみました。

業者名 貸付限度額
三井住友銀行カードローン 500万円
みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 1,000万円
オリックス銀行カードローン 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円
プロミス 500万円
アコム 800万円
モビット 800万円
アイフル 500万円

 

貸付限度額もまた、銀行の方が比較的高めに設定されているのがわかりますね。

しかし、「できるだけたくさん借りたいから銀行カードローンに申し込もう!」と安易に判断するのはちょっと待ってください。

消費者金融には「総量規制」という貸しすぎ防止のきまりがあるため、利用者は自身の年収の3分の1を超える借入をすることはできないのです。

例えば、アコムの貸付限度額である800万円で契約したければ…単純計算で、2,400万円を超える年収がないといけないということ、、!

総量規制の対象ではない銀行も、利用者の年収を大いに考慮したうえで審査・契約を行うことがほとんどです。

目安は、消費者金融と同じ年収の3分の1以下くらいだと思っていていいでしょう。

そう、いくら業者の定める貸付限度額が高くても、実際にその限度額で契約できる人はほんの一握りしかいないのです。

ですから、はじめから限度額を重視する必要はあまりないと言えます。

融資スピードのちがい

急ぎで現金が必要になった場合、融資にかかるスピードはカードローンを選ぶ際の重要なポイントになってきますよね。

申込みから実際の借入までにかかる時間が短く、即日融資に向いているのは消費者金融のカードローンです。

最短30分でカード発行・借入が可能なアコムなど、驚異的な審査・契約スピードを誇る消費者金融なら、急ぎの場合でもスピーディな借入が実現できます。

公式サイトの簡易審査なども活用するといいですね。

銀行カードローンでも即日融資に対応している業者はありますが、その銀行の口座を持っているかどうかによって融資スピードに変化が出てくる場合も。

比較的、審査にも時間がかかることが多いようです。

できるだけ早くお金を借りたい場合は、消費者金融の利用をおすすめします。

また、上記の3つ以外にも挙げられるのが、サービス内容のちがいです。

総じてサービスが充実しているのは、やはり専業系の消費者金融だと言えます。

中でも注目したいのが、無利息サービスです。

一定期間、利息0円でお金を借りることができるこのサービスは、少額融資や短期の借入を希望している方にも最適だといえるでしょう。

無利息サービスは、大手消費者金融の「プロミス」「アコム」「アイフル」に設けられています。

これは例外ですが、元消費者金融で今は銀行カードローンの「レイク」でも無利息サービスを取り扱っています。

また、会員限定のポイントサービスや、借入・返済における利便性の高さなども、特に消費者金融に充実している点だといえます。

「じゃあ、銀行カードローンはサービスが充実していないのか?」

そう思った方もいるかと思いますが、そんなことはありません。

銀行は、カードローンの借入・返済時に手数料無料で使えるATMを比較的たくさん定めているところが多いのです。

例えば、オリックス銀行カードローンなら、提携ATMをすべて終日手数料0円で利用することができます。

自社以外のATMはほとんど有料である消費者金融に比べると、かなりの金額を抑えることができますね。

消費者金融と銀行カードローン、どちらにも長所と短所があることがわかっていただけたでしょうか?

一概に「こっちにしておくべき!」とはいえませんから、あなたの目的やニーズに合った方を選んで上手に活用していきましょう!


カードローンの特徴や申込者の状況・借入目的によって選び方は変わりますが、「カードローンでお金を借りるためのサイト – カドロン」には賢くカードローン利用するための情報が沢山載っていました。

業者別の特徴記事も掲載されているので、検討している借入先の情報整理にも役立てることができます。

皆さんも色々なまとめサイトの中で自分にあった参考サイトを一つ見つけてみてはいかがでしょうか?